FC2ブログ

Fumiko Saburi | CalligraTalk

 佐分利史子 カリグラトーク

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Italic Variation 4


20111009-1.jpg
「Belle Lettere」という本より、Cheryl Jacobsen さんという方の作品。和紙景色の上に文字のモヤがかかっている風景画のような。

20111009-2.jpg
左ページには部分拡大が載っているので一部分だけでもディテイルがわかります。

20111009-3s.jpg拡大コピーお手本。本に載っている字が小さいのでぼやけてしまいますが、この書体はテクスチャ(模様)が面白いタイプなので、細かいことは気にせず見える範囲でとにかく真似コピーします。

20111009-4.jpg(ちなみに一つ前のイタリックなど細かなペンの角度調整が物を言う書体では、こういうところを観察します。)

20111009-5.jpg
I love duck and potatoes・・・I love・・・
I love chocolate duck・・・I love・・・ ・・・・・ ・・・・・・
縦の線がしっかり出るように、ストロークの幅とスペースの幅を同じくらいにしてストライプみたいなイメージ。o(オー)だけまん丸に、ベースラインや xハイトは自由に。おそらく縦線を強調するため g が q に見える形で書かれている。ポイントはそんなところかなあ。
しかし大文字が I しか出てこないんですけど。 I love the・・・I love・・・・・・

20111009-6.jpg
This is a poem against・・・・・・ T 登場。
It is a poem against・・・It is a・・・ ・・・・・・ It is a poem I am・・・It is my・・・ ・・・・・・

20111009-6d.jpg
・・・・・・。
終了。こんなに長い文章なのになんと大文字は I と T しか出て来なかったしーー

20111009-7.jpg
発見もありました。up の p と birds の i が 次の行にある little の l(エル)2つとぴったり繋がっていたり、あと、これってたぶん上から書いていったのではなく、下の行から積み上げるように、もしくは途中の行から上下に広がるように書いていったのではないかなあ。

20111009-8.jpgついでに y の足が下の行のおまんじゅうをぷにーって押しているようで可愛い~

20111009-9.jpg
字そのものでないところにばっかりに目が行くこの題材。一文字一文字の形がだいたい取れて全体のテクスチャを壊さなければ、細かいところはさほど重要でなさそうだから、a~z・A~Z を揃える過程は飛ばして好きな文章を書いてみたり、

20111009-9c.jpg

20111009-10.jpg
またまたあて名書き。素直に書くとこんな感じ(うっかり Roppon(gi) を少し崩してしまったのですけどね)。

20111009-11.jpg
郵便局のかたが読めると思われる範囲で崩すとこんな感じ。

ちなみにカリグラフィー界・界隈には、こんなふうに文字を崩すことを嫌う人もいます。カリグラフィと呼んでほしくないとキッパリ言う人も身近に。そこの話は長くなるので改めて。(というか、そのスタンスで見ると、この題材そのものがカリグラフィと呼んでほしくない範囲の字かも?)

Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://calligratalk.blog25.fc2.com/tb.php/45-18fbeb46

この記事にトラックバック(FC2Blog User)

Home

Website Menu

プロフィール

Fumiko Saburi

Author:Fumiko Saburi
東京在住のカリグラファです
Website: fumikosaburi.com
Place: Tokyo

Twitter

新しい記事

アーカイブ

新しいコメント

カテゴリ

Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。