FC2ブログ

Fumiko Saburi | CalligraTalk

Date : 2016年09月

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高鈴・高鈴東京クインテット『旅の途中の音楽会』@八芳園


9月10日(土)の夜に、八芳園 で開催された “高鈴・高鈴東京クインテット” のライブ
『旅の途中の音楽会』 を聴きに行ってきました。

以前に 「CALLIN'すずのたび PROJECT」 のロゴとマークを書かせていただいて以来、ライブで聴きたいと思いつつ伺えていなかったのですが、やっと伺うことができました。


20160913-7.jpg


今回のタイトル文字 『旅の途中の音楽会』 も、書かせていただいたのです。

( なので私のブログでも事前にお知らせできたはずなのですが、
なんだか完全に当日を楽しみに待つイチ聴衆モードになってしまっておりました。)



20160913-6.jpg

フライヤーはえんぴつの筆跡を残したアナログなかたちで。
作る側としては、実は ai パスデータでの納品より難しいです。

20160913-9c.jpg

明朝体をもとに、やや “模様っぽい” 美しさを持たせたいというコンセプトで、
日本文字のルール的にはNGかも?と思うことも、あまり気にせず印象を重視しました。



楽しみにしていたライブは、

 クインテットのみでの演奏
 クインテット+高鈴のギター山口さんでの演奏
 高鈴のボーカル山本さん登場で、クインテット+高鈴全7名での演奏
 高鈴お2人のみでの演奏

それぞれがとても良かった。
それぞれを単独公演で聴きたいなーと思いました。

音楽の力ってすごいな。
最近きっかけあってそう強く思っていたりします。

高鈴東京クインテットによる 「愛してる」 ストリングスバージョンのミュージックビデオが
YouTube で観られます。 まさに1曲目がこれでした。
Aishiteru (StringsVer.) 【MV】Callin' Tokyo Quintet



20160913-5b.jpg

プレゼントの 木の屋石巻水産 のサバ缶、高鈴東京クインテットオリジナルラベル!
タイトルは横書きバージョンです。

20160913-12.jpg

「CALLIN'すずのたび PROJECT」 も入っていてかわいい。

私は(写真を撮ったり眺めたりしていて)まだ開けていませんが、とってもおいしい のだそうです。
通常ラベルはたぶん「金華さば水煮」です。



会場にふわーっとひろがっていた香りは 東京香堂 さんの調香で、テーマは 青竹の香り だったそう。
竹のキャンドルによる光の演出もきれいでした。

私の会場写真はスマホ撮影であまりきれいじゃなかったので、
美しい画像たちをぜひ 高鈴さまのfacebook記事 でごらんください。

関係者の皆さまの笑顔も、ボーカル山本高稲さんの緊張感も、楽器たちの横顔も、
フォトジェニックサバ缶たちの集合写真も、ぜんぶすてきだ。


( 高稲さんの緊張感といえば、登場されて数曲はものっすごい張り詰めた空気を醸し出されていて、受けとめるこちらが過呼吸になりそうだった。 うわー高鈴のライブってこんなにずっと緊張感MAXなの?倒れそうだー はぁ はぁ、と必死で聴いていました。 が、徐々にそれは柔らかくなって、アンコールになってからのMCでご本人が、実はすごく緊張していたとおっしゃっていた。 そうだったんだ、 ああ、よかった。
音楽は命懸けで聴く。 作った人の精一杯を命懸けで受けとめる。 命懸けで聴けない音楽なら聴かない。 というのが音楽に対する私の考えだけど、あれでは命懸けが本気すぎる。 よかった。 聴衆がんばるぞ。)



20160913-14.jpg

そして八芳園さまといえば、以前にお知らせした 「ともに歩いていく Project」 なのです。

が、ライブで 「歩いていく」 が演奏されないまま最後の曲になり、
えーー歩いていく聴けないのかなーーとしょんぼりしていたらアンコールがかかり、
良かったアンコールあったーー今度こそ歩いていくーーと思ったら違う曲。
あーー聴けないのかなーーと思っていたら、アンコールの2曲目、最後の最後が 「歩いていく」 でした。

あとから思えば八芳園さまでのイベントなのだから、そりゃそうだという感じなのですが、
そのときは、歩いていくきたーー良かったぁーーーーと、
素直なんだかバカなんだか、最後の最後までセットリストにドキドキしていた私でした。

場所もスタッフの方々も、とても素敵なところでした。


少しでもかかわらせていただくことができて幸せです。


「あなたもきっと、何かの旅の途中。」 か…。
little dance music (高鈴さまプライベートレーベル)




スポンサーサイト

Website Menu

プロフィール

Fumiko Saburi

Author:Fumiko Saburi
東京在住のカリグラファです
Website: fumikosaburi.com
Place: Tokyo

Twitter

新しい記事

アーカイブ

新しいコメント

カテゴリ

Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。