FC2ブログ

Fumiko Saburi | CalligraTalk

Date : 2012年09月

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

英国文学十四行詩集 vol.1


Exhibition The sonnets DM
英国文学十四行詩(ソネット)集 vol.1
ディケンズの夢~ 『大いなる遺産』 と 『クリスマス・キャロル』


英国文学を題材に、ひとりの作家を詩の一行に見立て、
十四人で一篇の十四行詩(ソネット)を奏でる美術展の第一弾
今年生誕200周年を迎えたチャールズ・ディケンズの二作品をテーマに、
絵画、オブジェ、カリグラフィ、服飾、製菓など、
多彩な手法でディケンズの夢の小部屋を追想します

会場: 画廊 珈琲 ザロフ (東京・初台)
主催: Club Noohl / Zaroff

限定版作品集 『The Sonnets I』 同時刊行
(発行:クラブ・ノール)



 
[前期展示] 大いなる遺産
2012年11月16日(金)~11月25日(日)
12:00~20:00(最終日のみ18:00まで) 水曜定休
 
浅野信二 (油絵)   安蘭 (絵画)   伊豫田晃一 (ドローイング)
川島朗 (オブジェ)   江津匡士 (絵画)   須川まきこ (ペン画)
SERAPHIM (服飾)   中村キク (鉛筆画)   永井健一 (絵画)
ひかり (絵画・アクセサリー)   ミストレス・ノール (服飾オブジェ)
 

 
[後期展示] クリスマス・キャロル
2012年11月27日(火)~12月4日(火)
12:00~20:00 水曜定休
 
浅野信二 (油絵)   伊藤俊 (パーコレイションスカルプチャー)
伊豫田晃一 (ドローイング)   金田アツ子 (製菓・絵画)   川島朗 (オブジェ)
佐分利史子 (カリグラフィ)   永井健一 (絵画)
ミストレス・ノール (服飾オブジェ)
 

私は後期展示 『クリスマス・キャロル』 に参加します。 この夏は、どのシーンをどんな書体で描こうかと汗だくになりながら精霊たちの取材に勤しんでおりました。彼らがスクルージさんを訪問するタイミングを逃さないよう、しかし邪魔にならないよう、カーテンの陰でメモを取る毎日でした。

予想外に戸惑っているのは、英語だということ。昨年の《菫色の文法》展から今年の個展まで、たくさん書き込んできたのはほぼすべてフランス語。同じラテンアルファベットを使う言語だから同じように書けるものと思っていたら、勝手がぜんぜん違う・・・。何行か並んだときのテクスチャが違う・・・。なにかがちがう・・・。ずっと書いてきたのは詩で、今回は詩でないという違いも大きいですが、いちばんの違いは言語に依るものかなあと感じているところです。
スポンサーサイト

Website Menu

プロフィール

Fumiko Saburi

Author:Fumiko Saburi
東京在住のカリグラファです
Website: fumikosaburi.com
Place: Tokyo

Twitter

新しい記事

アーカイブ

新しいコメント

カテゴリ

Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。