FC2ブログ

Fumiko Saburi | CalligraTalk

Date : 2012年07月

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Italic Variation 7


20120701-1.jpg
Letter Arts Review 19-4(Wedding Issue)より、Mieke De Grauwe さんというカリグラファによる Wedding Invitation、from ベルギー。

20120701-2.jpg
アップです。いちばん上の二人の名前部分と下の本文部分は、方向は同じだけど着地点がだいぶちがう・・・ので、ひとまず下の本文部分が題材です。

20120701-3.jpg
まずは完全コピー。改行位置をいろいろ変えて、上下の関係や空白の雰囲気なども見ます。

20120701-4.jpg
こういうゆるい書体は同じ字でも出てくるたびに形が違ったり、前後の文字並びに左右されがちなので、きっちり揃ってきれいな書体より真似するのが難しい面もあります。

20120701-5.jpg
特徴的な e、m の形、t や l の「人」っぽいところ、ゴムマリが跳ねるような?字と字の繋がりなど。

20120701-7a.jpg
一行目の Adinda en Peter 部分よいなあ、と思いながらドラッグストアに行ったら

20120701-7.jpg
目に止まりました。線の種類はちがいますが、d の形(※カリグラフィでは珍しくない)や、まとめ方が似てるなあと。手書き字(多分)とお花って合いますね。ちなみにメーカーはジョンソン、とってもいい香りの芳香ミストです。
20120701-8d.jpg    
で、Adinda en Peter のパターンを踏襲して glade のロゴを作ってみることに。辞書を引くと glade って「林間の空地」って意味なんですね。林の中を歩き進んでいたら、ぽっかり拓けたところに出て、お花の香りがふんわり・・・というイメージなのかなあ。以前にベルギーで受けた Yves Leterme 氏のワークショップで、Baby Dream のイメージで Baby Dream って書く課題があったなあ・・・楽しかったな・・・なんて思いつつお花の香りの中で書いていたら、Adinda en Peter をほとんど踏襲していない、ふんわりした glade になりました。

20120701-9.jpg
そして、サンプルの最後の行は、右に傾斜させ本文より揃った「普通のイタリック体」に近いアレンジ。これはこれで好き。素朴なイタリックという感じがします。
スポンサーサイト

Website Menu

プロフィール

Fumiko Saburi

Author:Fumiko Saburi
東京在住のカリグラファです
Website: fumikosaburi.com
Place: Tokyo

Twitter

新しい記事

アーカイブ

新しいコメント

カテゴリ

Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。