FC2ブログ

Fumiko Saburi | CalligraTalk

Date : 2011年09月

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小作品集 『Prayers for Flowers』


小作品集
《菫色の文法》展に出品したカリグラフィ8点をおさめた小作品集を作りました。
Sonnet a la Mort 作品以外は震災のあとに書いたもの。構成と練習は出来ていて、ラスト一週間で集中して清書、と思っていたときに震災が起きて。本当に祈る気持ちでペンを持ったので、自然にこのタイトルが浮かびました。

小作品集
A5サイズのささやかな手製本冊子です。せっかく手縫いだから、糸の色はピンク・水色・パープルグレイの三種類に。これはピンク。糸の色以外は同じです。

裏表紙
額装も作品の一部というイメージを持っていたので、裏表紙にも4点を配置。
楽しんでいただければ嬉しいです。
以下で扱っていただいています。価格は税込み1,260円です。サンプルを置いていただいていますので、ぜひお手にとってご覧になってみてください。

★ヴァニラ画廊さま(銀座) http://www.vanilla-gallery.com/
ただいま菫展でご一緒した古川沙織さんの個展開催中!9月26日(月)~10月8日(土)まで、恐れ多くもその会場に置いてくださっています・・・恐縮です・・・。
[追記] 古川さんの個展終了後も引き続きお取り扱いいただいています。

★CLAさま(代々木) http://www.calligraphy.co.jp/
カリグラフィショップ&スクール。路面のお店にはどなたでも入れます。JR代々木駅西口からすぐです。(営業時間が載ってない・・・かな?尋ねてみます。)

他のお店などでもお取り扱いいただけ次第、追記いたします。
あと、一般の方は入れませんが、福岡のスタヂオポンテ(※カリグラフィ教室&スタジオ)にも置いていただいています。ポンテに通われているカリグラフィ仲間の皆様、見てみてください~

[追記] ★恵文社一乗寺店さま(京都) http://www.keibunsha-books.com/
店頭にてお取り扱いいただいています。


[2013.3.1 追記]
2013年2月28日をもちまして販売を終了いたしました。 ありがとうございました。
スポンサーサイト

Italic Variation 3


本のページ本やインターネットを見ていると、これ好き、書きたい、と思う字にしょっちゅう出会うので、コピーを取ったり画像を保存したりしてたくさん集めています。
これは 「The Creative Stroke」 という本より、

本のサンプル
いい感じなイタリック体。真ん中のローマンも味があって好きですが、焦点は上下の二行。ゆるーく右下がりになっているところも説明不可能な好き加減。文字制作のクレジットは Joey Hannaford さんという方です。

拡大コピー見やすいよう白黒拡大コピーして、お手本にします。

20110901-3.jpg
最初はそっくりそのまま真似を。細かく観察しながら完全コピーします。一文字一文字の形、一つ一つのストローク(線)の形、どこが尖ってどこが丸いか、どれくらいカーブしているか、どちら向きにカーブしているか、どこが太くなっているか、その形に書くにはペンの角度や筆圧をどうすればいいか、字と字がどう繋がっているか、どこで(どの高さで)繋がっているか、ベースラインや xハイトがどれくらい揃っていないか、スペーシング(字間)はどれくらいか。それらは必ずそうした方がいいのか、それとも前後の文字並び(や気分)によって変えてもいいところか・・・。同じ字が2つ以上ある場合はその違いもチェックして、ルールを分析します。

20110901-4.jpg
完コピができるようになったら、小文字の a~z を練習。サンプルにない字は他の字と合うよう考えて a~z まで揃えます。

20110901-5.jpg
続いて大文字の A~Z。往々にして大文字は苦労します。これもサンプルは E、H、C しかないし、なにが正解かもわかりませんが、雰囲気は合っているんじゃないかなーと思います。

20110901-6.jpg
小文字 a~z と大文字 A~Z が揃ったら、ようやく好きな文章などを書けるように。やっと楽しい段階です。

20110901-7.jpg
が、一度書けても時間をあけると忘れてしまうので、どうだったかなーと思ったら完コピのステップから何度でもやり直します。

20110901-8b.jpg
あてな書きするとこんな感じ。かっこいいイメージ。あてな書き大好きです。受け取った方のお顔がほころぶ一瞬のために、わずかな期間しか陽の当たらない文字達に愛情を込めて。

Website Menu

プロフィール

Fumiko Saburi

Author:Fumiko Saburi
東京在住のカリグラファです
Website: fumikosaburi.com
Place: Tokyo

Twitter

新しい記事

アーカイブ

新しいコメント

カテゴリ

Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。